ムービングライト・レーザー・演出 照明 ティーズサウンドライト BLOG

ムービングライト、レーザー演出、LED省電力次世代照明、ステージ照明関連を中心としたティーズサウンドライトのブログ。各種 イベント照明・パーティー照明・ショークラブ照明・ホストクラブ・ブライダル演出・大衆演劇・劇場演出等のレンタル演出照明・設備施工販売実例をもとに(アーキテクチャル・ライティング)舞台・店舗演出照明についてもご紹介。製品販売・レンタル照明・輸入関連事業・趣味・日々の出来事・旅の記録等を綴っています。自社展開 DMX Wireless 情報等もあります!学園祭や文化祭などなど小規模音響機器レンタルもございます!
記事中の特価系広告について、期間の記載がないものは記載より1ヶ月が有効期間となります。
海外出張を終え無事帰国
0
     先週まで海外出張を行っておりましたが、昨日無事に日本に帰って参りました。
     あちこちの工場を見て回ったり、サンプルを購入したりと長旅になりましたが、得る物も多く、新たな製品開発の取り組みへの参加も決めてきました。

     好評出来るものは、順次発表してまいりますので、お楽しみに!

     詳細はお問い合わせ下さい。

    【演出照明PR】
    店舗演出 舞台演出 ファッションショー 文化祭 学園祭 ムービングライト レンタル 演出
     可能な限り、弊社が直接的に関与していない中国製品は用いない方向。世界が認める一流品を中心に演出を行わせて頂いております。
     テレビやステージで現役に用いられる機材が中心です。
    ムービングライト レンタル Cyberlight
     1200Wクラスのミラースキャンも常備。ダンサブルな演出には欠かせません。
     適材適所に必要機材を弊社単独にてご提供出来る点が、低価格の秘密!
     是非ご利用下さい!
    結婚式 演出 ブライダル フェア ムービングライト
     プライベートイベントである結婚式披露宴、各種発表会等にも低価格に本格演出をご提供させて頂きます。
    ステージ コンサート ファッションショー ムービングライト
     本格的なショーライティング等も内容に応じてプランニング!
    HighEndSystems Technobeam ムービングライト
     店舗イベント等もご予算に応じて、最適なプランをご提案させて頂いております。

     中小規模、一部大規模のイベント、コンサート、ダンス発表会から、学園祭まで様々なジャンルの演出照明に対応。店舗演出等の照明も賜っております。
     使用機材の内容とプライスには絶対の自信有!
     テレビやプロの世界で現在も使われている機材。安物の隣国製品ではなく、世界が認める超一級正統派の一流品機材で対応させて頂きます。

     レンタルのお問い合わせは、→お問い合わせメール!をクリックして下さい。

     一般の方にも貸出可能ですが、設置方法や使用方法について不安のある場合は、お断りさせて頂いております。
     お手伝いをして頂ける場合は、格安のオペレーションセットもございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

     演出照明については、ムービングライトを活用したダンス演出事例のDVDがございます。ご興味のある方はお問い合わせ下さい。


    多くのお客様より、期待以上の効果であるとご好評を頂いております。

    費用については、個人的な短時間イベントなら制御系等一式含んで5万円程度から。当社より片道30Km圏内なら配送やセッティング、オペレーションも含めて格安です!遠方の方も物量によっては対応可能ですので、是非ご相談下さい。

    テレビでも現役で使われる世界の一流メーカー Martin Mac 500/E が4台、Avolites TITAN Mobileフルセット、DMXワイヤレスシステムでの演出でも5万円〜です。他社でご確認下さい。通常、個人的なイベントでも、搬送費用や諸々の諸費用で10万円以下はないでしょう。世界の一流品が揃って安いレンタルプライス!それが弊社の強み。諸条件はお問い合わせ下さい!

    ダンス演出、学園祭、文化祭、大学祭等に、是非、省電力な演出照明をお試し下さい!
    レンタル ムービングライト演出のお問い合わせは→お問い合わせ

    オシャレでハイレベルな明かりを、低価格にご提供させて頂きます。お早めにお問い合わせ下さい。土日のスケジュールは早い者勝ちです!

    機材の効果等を弊社にて御覧頂く事も可能です。メールにてご予約の上ご来訪下さい!(弊社空き日の営業時間以外、ご要望に添えない場合もございます。)

    演出照明を店舗に導入したい...。パチンコ、スロット、パーラーの新規オープンをレンタルまたは購入で演出したい...等、空間演出に関わる事は是非何でも一度ご相談下さい。弊社だけでは出来ない事でも、コラボレーション・ネットワークにより解決案をご提案させて頂きます。お店のショーケース・ウィンドー・ディスプレイケース・ブース等をLEDで彩る設計も致します!

    ブログランキング・にほんブログ村へ←気になる情報に応援を!

    ←役立つ情報だと感じたらランキング応援お願いします。
    | movinglight | Travel China | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    上海・新天地の周囲
    0
       上海には夜景の見所も多いが、新天地の周囲を簡単に見てみよう。
       新天地の中心部にある広場から背面を撮ると、そこそこのビル照明も見えて良い感じ。

       弊社のLED-101 ColorTubeを用いれば左上ビルと同じ効果が得られる。
       広場へ向かう途中の左側に、中国でテレビコマーシャルをしていた気になるライブレストランがあった。

       ARKと言う店で、時間帯により海鮮バイキング方式で128元/一人とリーズナブルな店だ。入り口にはプラズマテレビがあり、中のライブ風景が見れる。入り口もお洒落で建物の雰囲気も良い感じだ。この日はお腹一杯だったので行けなかったが次回には行ってみようと思うお店。
       新天地には数軒のショー&ライブ系の店があるので、筆者としてはどんな照明をしてるかたまに覗きに行くようにしている。
       一般的に日本国内でお洒落と思われるディスプレイ方式や、店舗名看板等目立たずお洒落な銀座系看板が主流だ。
       左右に外れると、先日紹介したお洒落な店や、アンフォンテーヌ上海店、照明の店等、ディスプレイ的に美しい店が多い。路上では幾つものLEDビジョンが活躍しており、日本ではビル等に貼り付いているものしかみないが、中国ではLEDビジョンの数が比較的氾濫気味に思える。

       まあ、日本でLEDビジョンを購入すると中国での何十倍にもなってしまうので、普及が遅れてしまうのは否めないところだ。機材の品質や耐久性というものを日本では重視するので、中国のそれがそのまま持ち込めないという点では致し方ないところだろう。
       また、繁華街近辺には、トラスで組まれた枠に広告を貼り、LEDチューブ等の動きものとセットで演出している広告が多かった。


       筆者の場合、仕事柄へんな写真ばかり撮ってくるが、まあ、そのへんはご愛嬌という事で。

      ←役立つ情報だと感じたらランキング応援お願いします。
      | movinglight | Travel China | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      海外での国際ローミングは高いなあ
      0
         中国出張で何時も思う事なのだが、携帯電話料金の高い事...。国際ローミング可能なAU機種を使っているが、ChinaMobileをローミング会社としている割には物凄く高い。中国国内の通話が95円/分、日本へは280円/分、着信で180円/分とは、現在の国内外の格安サービスと比べて尋常ではない高額振りだ。
         KDDIのサービスの悪さに物申す!トヨタ自動車系とは言え、世間世情をマーケティングしない怠慢な会社事情が見て伺える。
         グローバルパスポートとグローバルエキスパートの2種類があるが、パスポート対応機種は1種類だけ。エキスパートについては、SIMをNOKIAの2種の推奨機種に入れ替えて使用するのだが、これは別売りで結構なお値段。その上パスポートよりも料金が高い。別途携帯の購入を強いる上で、さらに高い料金設定はどうしたものか...?

        NTTドコモの場合の中国でのローミング費用は以下。
        滞在国内発信 75円
        日本への発信 175円
        日本から着信 70円
        滞在国内受信 75円

         AUの場合は軒並み2割以上高く、日本への発信は280円/分ととてつもなく高い。中国国内の電話から発信しても90円しない程度なのに、これでは本末転倒。利便性は良くても使う気になれない。

         筆者は中国用の携帯として今月、レノボの携帯を1400元で購入してみた。2万円強だが中国国内の通話は元より、日本への国際電話も圧倒的に安い。毎月の費用として16元の管理料は取られるが、それが基本料で受信料も国際ローミングに比べ圧倒的に安い。

         なので、筆者の顧客についても、中国携帯への国際電話をお願いする事にした。このサイトのリンクにある、VIVAPLUSを申し込めば、テストとして200円分の無料通話があるので、東京までの電話をして貰えれば、1時間以上の通話が可能だ。これだけあれば、普通に話をする事も出来るし無駄が無い。

         筆者的には15年にも及ぶ移動通信の頃からの契約なので、AUには努力して貰いたいと願っている。何よりも世間一般価格で一番高い料金体系というのは、国際ローミングを国内で最初に披露した老舗としてはお粗末過ぎると考える。

        ←役立つ情報だと感じたらランキング応援お願いします。
        | movinglight | Travel China | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        無事に帰国
        0
           中国の焼き肉屋に行ったのは始めてだが、食べ放題の割には肉も柔らかくとても美味しかった。一人128元なのでとってもリーズナブル。友人曰く店舗名は内緒にしておいて欲しいそうだ。なので、ここには記載しないようにしておこう。
           食事後、スーパーへ寄って大きなバックを一つ270元程で購入。ホテルへ戻るとタクシーがスタンバイ。荷物の整理を行い、2つの預け荷物と機内持ち込み荷物1つに整理しタクシーに2時前に乗車。混雑激しい上海の待ち中を走り3時過ぎに到着。早速チェックインを済ませたが、飛行機の延着で登場が5時から...。成田着は21時を過ぎるらしい。バスでの帰宅を考えていたので荷物は宅急便にい預けて帰る事になった。手ぶらというのは実に気持ちが良い。車で成田まで行くと眠れないので極力スカイライナーで行く様にしている。

           今日の夜には先週頼んであったMotion dive .tokyo console packegeも届くので、チェックや輸入製品の選定及び問い合せ等今週はとても忙しくなるだろう。

           明日から出張に関しての様々な新商品レポートをお届けする予定です。お楽しみに!

          ←役立つ情報だと感じたらランキング応援お願いします。
          | movinglight | Travel China | 00:48 | comments(0) | trackbacks(1) | - | -
          雑貨関連の見学及び夜景撮影
          0
             1年振りの上海で3日間を過ごし展示会等へ出ずっぱりだったので、今日は市内の散策を兼ねて雑貨関連の見学と夜景を撮影する事にした。夜景や店舗の風景撮影は筆者の会社業務としても重要な仕事。パンフレットやカタログ、HP等に掲載する為に必要なデータとなるのだ。
             中国雑貨を見るとは言っても、やはりそこは照明家...目のいく先が照明ばかりとなってしまうのが少し残念。

             ムービングライト等のインテリジェント照明も美しいが、部屋用の洒落た間接照明等の器具も美しい物が多く存在している。上海のインテリア照明ショップにはこんな物があった。

             とても美しい照明機器達だと筆者は思う。雑貨関連としてこういった照明関連の輸入も検討している。

             今回の宿は老婆の友人が居る天山路の近くのホテルに宿泊。そこからの夜景は、レトロな下町の感じと新しいビル等の背景と相まって結構美しい。

             中国の場合、何処に行ってもビル照明等が煌煌と輝いているので見ていて飽きない。夜の10時を過ぎると何処も消灯していくのだが、それまではとても美しい夜景を楽しむ事が出来るのが魅力だ。筆者の会社で扱っている商品群も利用されているので、こういった画像はカタログに採用する事も多く、とても便利な画像となってくれている。

            ←役立つ情報だと感じたらランキング応援お願いします。
            | movinglight | Travel China | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            貴陽市川辺の演出照明
            0
               貴陽の街には綺麗な演出環境照明を行っている場所が多く有り、広州や上海にも負けない美しい夜景を見る事が出来る。
               橋が幾つも存在するが、それぞれ工夫された照明が用いられている。

               各種ビルも日本ではまだブティックホテルだとか一部でしか採用されていないが、LEDを多用した外壁照明も多く存在している。

               特にLEDを採用した外壁照明は低単価に様々な演出が可能なので、中国各地で見る事が出来ます。

               筆者のように、演出照明を中心に販売している事業者としては、こういった環境照明の写真を多く撮影する事も出張の目的になっており、カタログやパンフレット、お客様へのDM等に活用し、多くのリターンを得るのである。

               しかし、日本では参考になるような美しい照明は少なく、外観を美しく飾ろうという意味では、中国の方が先んじている感じを受けます。景気回復してきた日本でも、今後多くの業界でこういった外観照明が多用されていく事でしょう。

              ←何かを感じたらランキング応援お願いします。
              | movinglight | Travel China | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
              甲秀楼(中国貴州省貴陽の都心部)
              0
                 1598年に建立された甲秀楼は22.9mで夜間はライトアップが綺麗だ。正門側から見るとこんな感じでレトロな建物とモダンな建物によるハーモニーが味わえる。

                 中央付近の屋根の向こう側に筆者の嫁のマンションがある。8階建てで新築から10年だがそれは親戚に譲る事になっている。現在は賃貸中だが、来年の筆者達のマンションが完成したら、親戚とマンションを交換して賃貸する計画だ。何れも川の付近で人気のある地区だ。
                 甲秀楼を反対から見るとこんな感じだ。こちら側には茶屋がある。
                 茶屋は漢字が難しいので敢えてなんちゃら園と言わせてもらう。入場料は10元だ。

                 夜になるとライトアップされ美しさも増す。門の辺りはこんな感じ。

                 甲秀楼の夜景はこんな感じ。


                 田舎町と言われていた貴陽だが、最近ではナイトクラブやディスコを始め、様々な娯楽施設が目立つようになってきてた。貴陽は中国国内の夏の避暑地の代名詞なので、高級マンション群には香港、シンセン・広州等からも別荘を購入している金持ちも多い。今後の発展をさらに願う筆者である。

                ←何かを感じたらランキング応援お願いします。
                | movinglight | Travel China | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                ちゃんりん公園の猿達と公園内(貴陽市)
                0

                   貴陽の町外れにあるQIAN LING公園は猿が多く生息している。

                   片道上り15元、下り10元のゴンドラもあるが、足で上っていくとその猿達を見る事が出来ます。

                   とても可愛い小猿や

                   親子揃って仲睦まじい姿を見る事が出来ます。


                   観光客から奪った水を飲む猿も。最初は蓋を開けようとしていたが、仕舞には底を食いちぎって飲んでました。


                   この公園内には遊園地や小型な水族館もあり、60歳を過ぎると無料になる等で老若男女を問わず午前中は混んでいます。
                   山を貫いたトンネル歩道を歩いて行くと湖が有り、

                   畔には戦争追悼碑等があります。

                   平和を象徴するような白鳩も多くおり、とても長閑な時間を過ごす事が出来ます。


                   ゴンドラの出ているところには展望台もあり、市中を一望する事が出来る他、ゴンドラを利用するとパノラマをさらに堪能する事が出来ます。


                   貴陽は長閑さがあり、日本人にも優しい街ではないかと思います。まだツアー等は殆どありませんが、車で15分程度の空港も国際空港に昇格し、今年の3月には71人もの日本人旅行団体視察団等が訪れたそうなので、そのうち自然と調和した都市「貴陽」へのツアーも多く準備されるのではないかと思います。


                  ←何かを感じたらランキング応援お願いします。
                  | movinglight | Travel China | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                  中国の公務員よ働きなさい!
                  0
                     18日に民政局へ行き婚姻手続きを行い、その足で公証所に行き書類の申請をした。まあ、民政局でも公証所でもPCは仕事の道具だけではない。PCにはQQがインストールされており、メッセンジャーやゲームを皆人目を憚らず楽しんでいる様だ。この画像は公証所の物だが、いやはや、「君...それってQQゲームじゃないの?」と小一時間位問い詰めたくなる。

                     翌日の19日には書類が出来るとは言っていたが、こちらに用事があるので後日来ますと帰った3日後に取りに行った時の写真なのだが、公務員だけでなく、どこでも皆PCのある所はゲームセンターと化している。

                     写真屋では客の注文の間にもメッセンジャーに「ちょっと待って!」とかオイオイって感じなので民間問わず現状お中国PC管理は無法状態だ!

                     今回民政局に行く時にはカメラを忘れたが、公証所では無音モードで失礼させて貰った。貴州の公証所はこんな外観。


                     書類を受け取りに行った日には盥回しに合ったが、おまいら「ゲームするなら書類を探せ!」と言いたかった...。
                     
                    ←何かを感じたらランキング応援お願いします。
                    | movinglight | Travel China | 07:15 | comments(0) | trackbacks(1) | - | -
                    少し太くなった中国での愛犬「康康」と購入したマンションの建築
                    0
                       筆者の嫁の家で飼っている何だか解らないチベタンスパニエル混血系の「康康」。土産に買っていた肉付きガムがお気に入りで美味しそうに食べている。

                       お手やお座り等は全く出来ない(中国ではそういう芸はまだ仕込む習慣が薄いようだ)が、結構かしこい。散歩に行く時にも筆者の5m位先を保つ様に小走りし、交差点では立ち止まる。

                       MSNでスピーカー越しに呼ぶと、ワンワンワンとあちこちを探しまわる音が聞こえるのも可愛い。直行便が無い貴州へはそう年に何回も行けないが、日本でも犬が欲しいと再認識する筆者であった。嫁が日本に来たら考えよう。しかし、二人とも中国へ出掛ける時はどうするか?うむうう。この問題は後日ゆっくり考えよう。

                       購入の全ての手続きが終わったマンションだが、最初に内覧用として作られた5号棟が一番奥のこれだ

                       筆者は1号棟の5階の端を購入した。現在1号棟は建築が進む。

                       2,3,4号棟はこれから建設が始まり、来年の11月30日よりも前に引き渡しを完了すると契約書に書かれている。
                       斜面を削ったところに建設しているので、マンションを正面からみるとこんな感じになっている。

                       こちらから見ると1階だが、玄関面からみるとこの店舗部分は地下2階となる。玄関面の道路側から階段へ接続される部分はこちらの正面から見ると3階の位置にある。こちら側からみると2階は反対側では道路よりも下になり実質地下1階となる。なので筆者的には玄関面からみると3階を購入した事になる。実際に建築中の現場を昇ってみたが、筆者の部屋の前は低層連投式2階建てが建つだけで見晴らしがとても良い。良い感じだ。写真でも見えるが建築済みの5号棟の前には同じ高さのマンションが既に建設されているのが見えると思う。筆者の購入したところは見晴らしが良いので、それら第1期よりも高いのだが良い買い物をした感じだ。

                       地下2階の店舗。まだ全く売れてないらしい。うむうう。欲しいな...。

                      ←何かを感じたらランキング応援お願いします。
                      | movinglight | Travel China | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      このページの先頭へ